head_img

心の終活(ターミナル)カウンセリング

写真


『こころの終活』とは、人生の完了に向けて、自分の人生を如何に納得のいくものに近づけるかを考え、今をより活き活きと生きることだと私たちは考えます。

その為には、意外と思われるかもしれませんが、まず不安に向き合うことが近道なのです。
『死への準備教育』の第一人者であるアルフォンス・デーケン教授はこう言いました。
「日本人は大変教育熱心な国民です。ところが死に対してだけは全く準備しようとしません。殆どの人が何の心構えもないまま死に臨んでいます」

さて、日本ではよくターミナルと呼ばれていますが、これは英語ではエンド・オブ・ライフと言ってエンディングについての準備ということです。
このエンディングという言葉がそもそも抵抗を感じる人も多いと思います。

それはなぜか。

実は多くの人にとって、自分の『死』ということについては3つの大きな不安があります。
1つは、葬儀や相続、また残された家族の生活など、現実的な手続きのこと。
そして、これからが『こころの終活』ということに関係するのですが、あとの2つは
・自分というものが消滅した以後というのは、どうなるのか
・自分の人生は、果たしてこれでよかったのだろうか

(死と死後を研究したキューブラー・ロスは、これを「やり残しの仕事の完成」・人生の見直しと再評価」と表現しました)
というメンタルな面での不安や後悔なのです。

このメンタル面の問題について、フランクルという精神科医が「人生の意味」について考えるロゴ・セラピー(実存セラピー)というのを考えました。
さて、「1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた 死ぬときに公開すること25」(大津秀一著 致知出版社)という本があります。
その25とは、これだそうです。

・健康を大切にしなかったこと
・たばこを止めなかったこと
・生前の意思を示さなかったこと
・治療の意味を見失ってしまったこと
・自分のやりたいことをやらなかったこと
・夢をかなえられなかったこと
・悪事に手を染めたこと
・感情に振り回された一生を過ごしたこと
・他人に優しくしなかったこと
・自分が一番と信じて疑わなかったこと
・遺産をどうするかを決めなかったこと
・自分の葬儀を考えなかったこと
・故郷に帰らなかったこと
・美味しいものを食べておかなかったこと
・仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
・行きたい場所に旅行しなかったこと
・会いたい人に会っておかなかったこと
・記憶に残る恋愛をしなかったこと
・結婚をしなかったこと
・子供を育てなかったこと
・子供を結婚させなかったこと
・自分の生きた証を残さなかったこと
・生と死の問題を乗り越えられなかったこと
・神仏の教えをしらなかったこと
・愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

(以上、上記図書より引用)

いかがですか?
「人生の意味」についての後悔、つまりメンタル面の問題を太字で表しました。
太字以外の項目はお医者さんや葬儀屋さん、そして法律家の管轄ですが、それらは25の後悔のうち、なんと4つだけ…。
つまり、後悔の殆どは自分の人生を振り返っての、「人生の意味」についてなんですね。

ところが我が国では、これらの後悔や不安に宗教家が対応していた時代もありましたが、現代では対応できる人がかなり少なくなっているというのが大きな問題となっております。

私たちはこれらのことを含め、『こころの終活』に関心を持たれる方々にどのようにお役に立てるのかを考えてまいりました。
その結果、実存セラピーなどの既存の心理学や、唯識など仏教の知恵などを基に、その方々に沿った対応のできる終活カウンセリングができるようになりました。
ご本人だけではなく、ご家族へのカウンセリングも承ります。
なお、カウンセラーは大学で心理学を講義している専門家を始めとした経験豊かな心理カウンセラーで、秘密も守られますので安心して相談していただけます。
また、特定の宗教や団体とは一切関係はございません。
もちろん、面談だけではなく電話やネットを使ったテレビ電話(SKYPE)でのご相談も可能です。


 

電話カウンセリングやSkypeもOKです!

料金 1時間 5000円(面接 電話 Skipe 全て同じです。)

必ずご予約ください。
電話とSkype の場合は前もってのお振込みが必要です。
また、当日キャンセルはキャンセル料として3000円いただきます。
(無断キャンセルは全額いただきます。)

お申し込みは tamada@heart-c.org
または、0586-73-3911 まで。


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0586-73-3911 icon →メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る