head_img

メールマガジンその30【疑問を持てない子ども】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その30
【疑問を持てない子ども】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


「今回は『Because』という言葉についてお話したいと思います」

------『Because』ですか。『なぜなら』っていう意味ですよね。

「はい。僕は大学生を見ていると、この 『Because』という考え方ができるかできないかで、その人のコミュニケーション能力がかなり決定するのではないかと思うんです」

------と言いますと?

「欧米の大学生は、日本の大学生よりも説得力のある発言をすることが多いんですね。それで気付いたのですが、この『なぜなら○○だから』、つまり 『Because』を使うために、自然と自分の気持ちや考えを整理して相手に伝えるクセがついちゃっているのではないかと思うんです」

------なるほど。自分の気分や考えを言いっ放しじゃなく、同時に理由を伝えているっていうことですね。

「そういうことです。 『Because』を使うっていうことは、『なんとなく』とか『べつに~』ではすまされないんですね。『どうしてか』を考えて、それを言葉にしているんです。
でも、なんかこうやって言うと難しい事のように聞こえてしまうかもしれませんが、実はこれって子どもの頃は誰でもやっているんですけどね」

------あ、子どもがよく言う『どうして?』とか『なんで?』っていうアレですか。

「それです。それを大人が答えるのを面倒くさがって、段々と『疑問を持てない子ども』に変化させているんです」

------う~~ん、耳がいたいですね。我々大人が面倒くさがって答えない、つまり 『Because』を使わないから、子どもや大学生も使えなくなったってことですか。
でも、ちょっとお聞きしたいのですが、子どもに『どうして?』と聞かれてもわからないことって結構あるじゃないですか。
そういう時はどう答えたらいいんでしょう?

「いい質問ですね。そういう時は『お母さんもわからない』で構わないと思います。ただ、お子さんが例えば小学校の高学年以上とかだったら、図書館での調べ方やネットでの調べ方を教えてあげることができましたら、もう最高です。
『子どもが魚を欲しがったら、魚を与えるのではなく、釣り方を教えろ』と言いますからね」

------なるほど。 『Because』を使うようにしてみます。
『なぜなら』子どもに説得力のある言い方ができるようになってほしいから。(笑)



* ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ *







♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

NPOハート・コンシャスではNPO日本次世代育成支援協会の行う心理カウンセラー養成講座のうち、初心者向け講座を担当しております。

毎週火曜日 13:30~16:15 場所 名古屋市政資料館
参加費 月4回で1万2千円(テキストや資料代込)
詳しくはコチラ⇒http://heart-c.org/contact.html

なおNPO日本次世代育成支援協会は毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜(午後、夜間)に一宮で心理カウンセラー養成講座を開催中。
毎月1回の土曜集中講座(12回完結)も開いています。
詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

Copyright(c)2016 NPOハート・コンシャス
------------------------------------------------------------




NPOハート・コンシャスでは、
☆ 講演(講師派遣) ☆ 子育て相談 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談等を行っております。


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0586-73-3911 icon →メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る