head_img

メールマガジンその47【しつけ2】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その48
【しつけ2】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


今回は、前回の『しつけ』のお話の続きということで…。

「はい。では『しつけ』についてもう一つ考えなければならない事についてお話しましょう。『しつけ』というのは、言葉を変えて言うと、【ルールを教え、それを実行するように導く】ことなんですね」

------なるほど。

「ということは、その【ルール】が合理的で、しかもしっかりとしたものでないとまずいわけです」

------確かにそうですね。
ルールということは、『法律』ですもんね。

「そうなんですよ。そして法律として考えるとわかりやすいのですが、日本にはまず柱となる法律として憲法がありますよね。そして具体的なものとして、刑法とか民法とかに続いていきます。
実はこれと一緒で、子育てにおいてのしつけも、柱から枝へとしっかりとした形が必要なんです」

------というと、例えば前回の話に出た『人に迷惑をかけない』というのが柱だとしたら、その具体例を重要なことから優先順位をつけて形作っていくということですか。

「そういうことです。『気分』で運用してはまずいんですよ。子どものある行動について、この前はダメだったけど今日はOKとかね」

------でもルールを形作ると言っても、そんなことをあまり話し合う家庭ってないですよね。

「そこが問題なんです。父親と母親が食い違っていたり、母親と姑が全然違う法律、つまりルールを運用していたりとかが、よくあるんです」

------ありますね~。(笑)

「もちろん、いくら大事だからと言ってルールでがんじがらめにするのはよくありませんが、子どもが【納得】がいくルールを、お父さんとお母さんが話し合って造るのは大事なんですよね。
それともう一つ、『しつけ』というと、そのルールを破った時に叱ることだと思っておられる親御さんが多いんですよ」

------えっ! 違うんですか?

「違うわけではないんですけど、つまり叱る場合もあるのですが、【ルールを守っている時に褒める】のも、しつけなんですよ」

------あ、なるほど!
例えば、『人に迷惑にならないように何かに気を使っている』時に、それを褒めるわけですね。
そして、それも『しつけ』だと…。

「それこそが、とっても素晴らしいしつけです!」



* ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ *







♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

NPOハート・コンシャスではNPO日本次世代育成支援協会の行う心理カウンセラー養成講座のうち、初心者向け講座を担当しております。

毎週火曜日 13:30~16:15 場所 名古屋市政資料館
参加費 月4回で1万2千円(テキストや資料代込)
詳しくはコチラ⇒http://heart-c.org/contact.html

なおNPO日本次世代育成支援協会は毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜(午後、夜間)に一宮で心理カウンセラー養成講座を開催中。
毎月1回の土曜集中講座(12回完結)も開いています。
詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

Copyright(c)2016 NPOハート・コンシャス
------------------------------------------------------------




NPOハート・コンシャスでは、
☆ 講演(講師派遣) ☆ 子育て相談 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談等を行っております。


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0586-73-3911 icon →メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る