head_img

メールマガジンその55【続・認知療法】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その55
【続・認知療法】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


前回は認知行動療法のお話だったのですが、今回もその続きということで宜しいでしょうか。

「はい。前回は『感情というのは、その人の【認知の枠組み】によって生まれる』というお話をしました。ところでこの枠組みの中で、『怒り』に密接に関係しているものがあります。それが、僕がよくお話する【完全主義】と【~べき主義】なんですね」

------その2つが、怒りを生みやすいというわけですね。

「そういうことです。親がこの2つの枠組みを持っていると、子どもに対してついつい『完全を目指せ』とか『~であるべき』というメッセージを出しがちなんです。そして子どもはその命令を自分の中に取り込んでしまいます」

------ということは、自分に対して『完全を目指せ』とか『~であるべき』という命令を、自分が出し続けることになりますね。

「はい。そして子どもはその取り込んだメッセージに沿うように頑張ります。でも『完全』なんて無理なんですよね。ここの所が問題なんです。
例えば我々はよく『頑張れ!』って声をかけますよね。これを英語にすると『Do your best』となります。でもね、『Do your best』っていうのは本当はBESTを尽くしたら、そこで褒められて終わりなんですよ。ところが我々が言う『頑張れ!』っていうのは終わりが無い場合が結構あるんですね」

------そう言われるとそうかもしれません。
80点を取ったら90点を目指せ、90点を取ったら100点…。

「そして 100点を取ったら『それを維持し続けて、今度は他の教科もその調子で頑張りなさい!』って…(笑)」

------確かにきりがありませんね。

「完全を目指すとそうなっちゃうんですよね。そこへ持ってきて『楽をすべきではない』とか、『~べき主義』まで入っちゃうと、これはどこかで無理が出て当然です」

------だからキレちゃうわけですね。

「そうなんです。だから『ちゃんとしなさい!』なんて言い方は、実際のところ、あまりよくないんですよ。どこまでどう頑張ったらいいのかわからない。
また、頑張ってやったのに、『ちゃんとしなさいって言ったでしょ!』なんて言われた日には…」
------もうキレるしかないですね。(笑)

「ジャンケンの後出しみたいなもんですからね、『ちゃんとしなさい』とか、『ちゃんとやった?』という言葉は(笑)」

------なるほど。
だから【具体的】に言わないとダメなんですね。

「そうですね。この【完全主義】と【~べき主義】が強いと、その家は『怒り』が支配します。もしそうだったら、是非緩めていただきたいですね」



* ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ *







♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

NPOハート・コンシャスではNPO日本次世代育成支援協会の行う心理カウンセラー養成講座のうち、初心者向け講座を担当しております。

毎週火曜日 13:30~16:15 場所 名古屋市政資料館
参加費 月4回で1万2千円(テキストや資料代込)
詳しくはコチラ⇒http://heart-c.org/contact.html

なおNPO日本次世代育成支援協会は毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜(午後、夜間)に一宮で心理カウンセラー養成講座を開催中。
毎月1回の土曜集中講座(12回完結)も開いています。
詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

Copyright(c)2016 NPOハート・コンシャス
------------------------------------------------------------




NPOハート・コンシャスでは、
☆ 講演(講師派遣) ☆ 子育て相談 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談等を行っております。


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0586-73-3911 icon →メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る