head_img

メールマガジンその57 【叱り方】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その57
【叱り方】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


今回は前回に続いて【叱る】ということについて伺いたいと思います。
叱るということは絶対にいけないというワケではないという事でしたね?

「はい。まず第一に、叱ることで効果のある子どものタイプがあるんですね」

------叱っても効果がある?

「ええ。例えば子どもの中でも成績が良い子は、叱っても効果がある場合もあるんです」

------と言うことは、悪い子は…。

「これは、もう『叱るより褒めろ』です。『叱る』と、かえってやる気を無くしたり自己評価が益々低くなったり、本当にデメリットが多いんですよ」

------なるほど。

「また、外向的な子どもの場合にも叱っても効果がある場合が認められます」

------と言うことは、内向的な子はやっぱり…。

「そういうことですね。先程のケースと一緒です。
つまり『成績が優秀で外向的』な子どもは、叱っても効果がある場合もありますが、但しもちろんその場合でも『叱るより褒めろ』んなんですけどね、『成績があまり良くなく内向的』な子どもに対しては、叱るということは本当にデメリットが大きいんです」

------でも、ちょっと待ってくださいよ!
わたし達って逆をやってません?
つまり、『成績が優秀で外向的』な子どもは褒めて、『成績があまり良くなく内向的』な子どもを叱っちゃう…。

「そこなんですよ、問題は。結構、自己評価の低い子どもって、このケースが多いんですね」

------じゃあ、そういう子どもは絶対に叱っちゃいけないですね。

「ところが、親としては叱りたくなっちゃうんですよね。そこで大事なのが【叱り方】なんです」

------よく、『感情的に叱ってはいけない』って言いますよね。

「そうですね。そしてそれは確かにその通りなんです。ただね、我々は神様でもなければ仏様でもないんです。そう簡単に『怒りを制御』できたら苦労はないんですよね」

------そうなんです!
だから、是非知りたいんですよね、『叱り方』を。


(次回に続きます。)



* ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ *







♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

NPOハート・コンシャスではNPO日本次世代育成支援協会の行う心理カウンセラー養成講座のうち、初心者向け講座を担当しております。

毎週火曜日 13:30~16:15 場所 名古屋市政資料館
参加費 月4回で1万2千円(テキストや資料代込)
詳しくはコチラ⇒http://heart-c.org/contact.html

なおNPO日本次世代育成支援協会は毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜(午後、夜間)に一宮で心理カウンセラー養成講座を開催中。
毎月1回の土曜集中講座(12回完結)も開いています。
詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

Copyright(c)2016 NPOハート・コンシャス
------------------------------------------------------------




NPOハート・コンシャスでは、
☆ 講演(講師派遣) ☆ 子育て相談 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談等を行っております。


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0586-73-3911 icon →メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る