head_img

メールマガジンその63 【アドラー心理学の子育て法】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その63
【アドラー心理学の子育て法】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


最近、子育てセミナーなどでアドラー心理学ってよく聞くんですけど。

「アドラー心理学というのは、確かに子育てにマッチする理論ですね。『横の関係』を大事にするっていう考え方なんですけど」

------『横の関係』と言いますと?

「例えば、仕事で言うと『縦の関係』が多いですよね。指示とか命令とか、上司と部下の関係っていうとイメージしやすいかな?」

------なるほど。
じゃあ『横の関係』っていうのは友達とかってことですか?

「まぁ大雑把に言うと、そういうことになります。でも、実際には友達同士でも微妙に『縦の関係』だったりしますけどね。ところで、親子関係とか、先生と生徒の関係は何だと思います?」

------そりゃ、『縦の関係』でしょう。

「ですよね。ところがアドラー派の人は、それも『横の関係』で行こうってことなんですよ。何も『縦の関係』じゃなくてもいいでしょってことなんですね」

------なるほど。でもそうなると、指示や命令はどうなるんですか?

「上から下へではなく、『横の関係』で『お願い』すればいい、ということですね」

------え~っ! 先生が生徒に、親が子どもに『お願い』するんですか?

「そういうことです。『宿題をやってくださいね』とか…」

------でも、それで宿題を子どもがやらなかったらどうするんですか?

「その時は、『お願い』の仕方が悪かったと考えるんですよ」

------う~~ん。 なんか『叱る』より『褒めろ』っていう話と似ていますね。
難しそう…。

「そうですよね。ただ、この『横の関係』っていう考え方を知っていると確かにいいんじゃないかなと思うんですよ。
これは僕がよく思うことなんですけど、例えば子どもがゲームで遊んでばかりいるって厳しく怒る親をよく見かけるんですよね。子どもに『意志が弱い!』って怒っているんです。
でもね、僕は自分が子どもの頃に今みたいなゲームが有ったら、果たしてピタッとやめられるかというと、難しいんじゃないかな」

------なるほど。
自分の子どもの頃と比較するってことですか。

「そういうことです。環境も条件も違っているのに、ただ単に叱るっていうのは、あんまりフェアじゃない気がするんですよね」

------そう言われるとそうですね。
上から押さえつけるようにモノを言ってばかりじゃ、子どもの心も離れていっちゃいますよね。

「そうなんです。もちろん、いつも『横の関係』でいるっていうのは難しいでしょうけど、逆にいつも『縦の関係』だと、ひょっとしたら開く花も開かないかもしれませんし…」

------上手に『お願い』ができるようになれるといいですね。(笑)



* ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ *







♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

NPOハート・コンシャスではNPO日本次世代育成支援協会の行う心理カウンセラー養成講座のうち、初心者向け講座を担当しております。

毎週火曜日 13:30~16:15 場所 名古屋市政資料館
参加費 月4回で1万2千円(テキストや資料代込)
詳しくはコチラ⇒http://heart-c.org/contact.html

なおNPO日本次世代育成支援協会は毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜(午後、夜間)に一宮で心理カウンセラー養成講座を開催中。
毎月1回の土曜集中講座(12回完結)も開いています。
詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

Copyright(c)2016 NPOハート・コンシャス
------------------------------------------------------------




NPOハート・コンシャスでは、
☆ 講演(講師派遣) ☆ 子育て相談 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談等を行っております。


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0586-73-3911 icon →メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る