head_img

メールマガジンその76【『ごほうび』について】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その76
【『ごほうび』について】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


今回は『ごほうび』について、ちょっとお聞きしたいことがあるんです。

「はい。なんでしょう?」

------よく、行動療法やABA、応用行動分析学では『ほめる』とか『ごほうび』を与えることによって行動を変化させようって言いますよね。
ただここで、『ごほうび』で釣って何かをやらせても、『ごほうび』が無くなると結局は元の木阿弥になるんじゃないかっていう心配をされる親御さんが多いんんですけど。

「とってもいい質問ですね。確かにその可能性はあります。実はE・デシ博士とライアン博士がその研究に取り組み、
『人はいったん報酬を受け取り始めると、その活動への興味はかえって低下し、報酬を打ち切られるともはやその活動をしたいと思わなくなる』
という実験結果を発表したんです」

------えっ! じゃあお母さん方の心配は当たっているっていうことなんですか。

「半分は当たっています。ごほうびというのは外発的動機と言うのですが、プラスの面もマイナスの面もあるんですね。今お話したことはマイナスの面です。
例えばゲームなんかでも、報酬をあげると約束したケースと、何も報酬がないケースでは、報酬がないヒグループの方が報酬をあげると言われてやったグループよりも『おもしろかった』という率が高いんですよ」

------となると、つまりこういうことですね。
『勉強をやったらごほうびをあげる』と言われやった子のほうが、ごほうび無しで勉強した子よりも、勉強のおもしろさは少ない、と…。

「そういうことになりますね」

------え~っ、まずいじゃないですか。

「まずいと言えばまずいのですが、これは『ごほうびがなくても勉強する子』に対してはマイナスということなんですよ」

------あ、そうですね。
そもそも勉強しない子の場合は、マイナスも何もないですもんね。

「そういうことです。そして、基本的には人って『押し付けられた勉強は嫌い』なんですよ。これは子どもだけじゃなく…」

------ですよね~。

「これは、僕がよくカウンセリング講座や心理学講座に参加されている人達に言う言葉なんですけどね。
『勉強が好きな人なんて、ほんの一部なんですよ。こうやってわざわざ休みの日にお金を払って心理学を学ぼうなんていう意志のある人は、一般的じゃないんです。通知表で言えば5の人なんです。だから、その基準を子どもにもあてはめないでくださいね。普通っていうのは≪休みの日は遊ぶ≫なんですから』って」

------そうかもしれませんね。

「さて、話を戻しますが『ごほうび』というのは確かにマイナスの面もあります。しかしごほうびとかの外発的動機がないと、やる気にならないのもこれはこれで普通なんです。
だから、とりあえずはこのごほうびなどの外発的動機でスタートし、勢いがついたところで如何に内発的動機に変えていくかがポイントなんです」

------自分の内に『やる気』を持つということですね。

次回はそのあたりをもう少しお願いします。



* ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ *







♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

NPOハート・コンシャスではNPO日本次世代育成支援協会の行う心理カウンセラー養成講座のうち、初心者向け講座を担当しております。

毎週火曜日 13:30~16:15 場所 名古屋市政資料館
参加費 月4回で1万2千円(テキストや資料代込)
詳しくはコチラ⇒http://heart-c.org/contact.html

なおNPO日本次世代育成支援協会は毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜(午後、夜間)に一宮で心理カウンセラー養成講座を開催中。
毎月1回の土曜集中講座(12回完結)も開いています。
詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

Copyright(c)2016 NPOハート・コンシャス
------------------------------------------------------------




NPOハート・コンシャスでは、
☆ 講演(講師派遣) ☆ 子育て相談 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談等を行っております。


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0586-73-3911 icon →メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る