head_img

メールマガジンその80【PTA学習セミナー】

前のページ ・・・・・・ 次のページ

☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆
子育てに活かせる!『ものの見方、考え方』 その80
【PTA学習セミナー】
☆------♪------☆------♪------☆------♪------☆

今回も私たちNPOハート・コンシャスの理事でもある鷲津先生(名城大学心理学非常勤講師、(同)ベルコスモ・カウンセリング代表)に伺いました。


------今年も沢山の学校で講演されましたね。

「そうですね。ただ、僕も今年還暦を迎えたので、ハードワークは少々きつくなってきました。ですので来年からは、小学校のPTA学習セミナーとかは、お弟子さんにまかせることにする予定なんですね」

------そうなんですか。

「ええ。でも実際に小学校や中学校を講演で回って、先生方や親御さんとお話をすると、年々いろんな問題が増えて行っているのがよくわかりますね」

------問題と言いますと?

「これは以前もお話しましたが、スマホ依存と見られる子がどんどん増えています。そしてそれに関連するのですが、小学校での不登校が増えています」

------関連している…。

「はい。昔は不登校の場合、子どもも家に閉じこもっているのが苦痛だというケースが多かったんですよ。ところが今やスマホやタブレットでのネットやゲームのおかげで、昔ほど家に引きこもっているのが苦痛ではなくなってきたんです」

------あ、なるほど。

「そして、引きこもって長時間ネットやゲームをやっているから、今度はそれの依存症になってしまう…」

------悪循環ですね~。

「そうなんです。こうなってくると、もう親や先生だけではなかなか事態は打開できないんですね。第三者の介入、つまり家族療法とか応用行動分析に長けたカウンセラーが必要となってきます」

------そうなる前に、親がしっかりと対応しなくてはいけないってことですね。

「そのとおり。やはり、『まずは親の意識から』なんです」

------具体的にはどういうことが大事なんでしょうか。

「これは不登校やネット依存対策に限られたものではないのですが、とにかく大事なのは、闇雲に叱ったりしないこと。『説明をして理解してもらう』のが重要なんですよね。
なぜ、それをした方がいいのか。なぜ、それをやめた方がいいのか。この理由を子どもが納得できるように説明しなきゃいけないんです」

------ということは、『説得力』が要りますね。

「えらい! そうなんですよ。もし子どもが納得しなかったならば、それは親の説得力が、まだ不十分なんです」

------う~ん、難しいですね~。
ところで、もし納得したとして、それでもまたやっちゃったとかいうことってあるような気がしますけど…。

「そこです、問題は。人間って、頭では理解していても、行動がなかなか伴わないんですよね~。だからこそ、そこからは【習慣付け】が大切になってきます」

------習慣付け というと、先生がいつか仰ってた応用行動分析という理論のやり方ですね。

「そうです。いろんな工夫をしながら、賞や罰を組み合わせて行動の変化を促し、同時に褒めたり認めたりしてモチベーションを上げたり、自信を付けていくというやり方ですね」

------わかりました。
では、その具体的な話も、また是非お願いします。



* ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ * ‥ *







♪楽しく、役に立つ心理学やカウンセリング理論を学びませんか?

NPOハート・コンシャスではNPO日本次世代育成支援協会の行う心理カウンセラー養成講座のうち、初心者向け講座を担当しております。

毎週火曜日 13:30~16:15 場所 名古屋市政資料館
参加費 月4回で1万2千円(テキストや資料代込)
詳しくはコチラ⇒http://heart-c.org/contact.html

なおNPO日本次世代育成支援協会は毎週火曜日(午後、夜間)に名古屋で、月曜(午後、夜間)に一宮で心理カウンセラー養成講座を開催中。
毎月1回の土曜集中講座(12回完結)も開いています。
詳しくはコチラ→ http://npo-jisedai.org/kouza.htm

Copyright(c)2016 NPOハート・コンシャス
------------------------------------------------------------




NPOハート・コンシャスでは、
☆ 講演(講師派遣) ☆ 子育て相談 ☆ 心理カウンセリング ☆ お子様の進路指導・教育相談等を行っております。


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号0586-73-3911 icon →メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る